読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パナソニック書類送検 富山労働局 3人に違法残業疑い

長時間労働の是正

 大手電機メーカーのパナソニック富山県内の工場に勤務する従業員に労使協定の上限を超える時間外労働をさせていたとして、厚生労働省富山労働局の砺波労働基準監督署(同県砺波市)は15日、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と工場で労務管理を担当していた幹部2人を書類送検した。(中略)

 パナソニックを巡っては、この工場に勤務していた40代の男性社員が昨年6月に亡くなり、同労基署が今年2月、長時間労働による過労が原因だとして労災認定した。同労基署は公表していないが、関係者によると、違法な時間外労働をさせられていた3人の中に過労死した社員が含まれているという。

(2017.3.16 日本経済新聞 

パナソニックについては、先日、福井県の森田工場において深夜勤務に従事していたパナソニック2次下請け会社の契約社員が過労死として労災認定された、というニュースを取り上げました。

パナソニック工場で過労死 福井、下請け従業員 - 流浪の社労士ブログ

その際に「雇用関係がないのでコメントは差し控える」というパナソニックのコメントは、リスク管理の観点からはやや危機感が足りない、と私見を述べたのですが、今日は富山県の工場での過労死に関連して、違法な時間外労働による書類送検のニュースです。

人手不足が深刻化している現在、過労死に至るような長時間労働を行わせている企業は優秀な人材を獲得することができません。パナソニック松下電器)の創業者、松下幸之助は「社員は家族」として、社員を大事にしたことで有名ですが、いまのパナソニックは偉大な創業者の理念を忘れてしまったのでしょうか。